千葉市中央区の賃貸デザイナーズマンション

COLUMN

CARRÉ HOME

ACCESS

A type

B type

C type

COMMON
USE SPACE

RENT

EQUIPMENT

EARTHQUAKE-RESISTANCE STRENGTH

COLUMN

Gallery

Web Report
in U.S.A.

Magazine
Report in Korea

■ 設計監理 ■
株式会社添田建築アトリエ
施 工:株式会社小川建設

● しっかり安心、耐震構造

「CARRÉ」(キャリイ)では「首都直下型大地震」の遭遇に備え 国土交通省の「建築基準法」の耐震構造基準強度を踏まえた 堅牢な鉄筋コンクリート造のマンションを実現しています。

首都直下型地震

首都直下型地震とは、関東地方の南部(神奈川県・東京都・埼玉県・茨城県南部)
で歴史的に繰り返し発生しているマグニチュード7級の大地震を指します。
国の有識者会議などによって多くの想定が出されていますが、最悪の場合
死者数1万3000人、建物全壊約85万棟、避難者約700万人と言われています。
およそ200年周期で発生していると考えられており、発生後約80~100年の
静穏期を経て、ふたたび活動期に入ります。1923年の関東大震災から現在までが
静穏期であるとすると、そろそろ活動期に入る事になるため、東京では
マグニチュード7クラスの地震がいつ起こっても不思議ではないと言われています。

耐震構造基準

こうした首都直下型地震にそなえ建築基準法では耐震基準を設けています。
現在の耐震基準は、1981年に改正されたもので「中地震に対して損傷しない事」
「震度6程度の大地震に対しては、建物の倒壊を防ぎ、人命を守る」と規定されています。
さらに平成12年には「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき
住宅性能表示制度という制度がつくられ、建築基準法の基準を等級1、
建築基準法の1.25倍の強さを耐震等級2、建築基準法の1.5倍の強さを耐震等級3
と表示し、専門家でない消費者にも住宅の性能を比較できるようになりました。
ちなみに病院や消防署などの建物は等級3となるように設計しなければなりません。

「CARRÉ」-キャリイ-は、シンプルにこだわってつくられた、
コンクリートとガラスのコラボによるクールなデザイナーズマンションです。
また耐震性においても、耐震構造基準強度の1.20倍(120%)の強度を誇る
鉄筋コンクリートを使用する事によって堅牢な構造を実現しています。

内見・予約その他のお問い合せは、下記管理会社までご連絡下さい。
富士グレープ管理会社 電話:043-242-2505  E-mail:info@fuji-grape.com